中学から先を見据える|受験に合格して希望の医学部へ入学|評判の良い予備校を選ぶコツ

受験に合格して希望の医学部へ入学|評判の良い予備校を選ぶコツ

男性

中学から先を見据える

勉強道具

ペースをあわせてくれる

中学生の勉強には、進級する度にその目標や勉強法は異なってきます。例えば、1年生では教育環境の変化も重なり、授業についていくための慣らしが必要で、2年生では苦手分野を克服する学びなどが挙げられています。高校進学が主流となっていて、3年生では受験へ向けた学びが必要となり、時間の配分などを考慮して家庭教師をつける家庭は増加しています。塾との決定的な違いには、学生のペースに合わせてくれる指導法です。集団授業では、理解できない点を繰り返して説明することは少なく、応用力にも欠けてしまう難点も挙げられています。理解できないことを隠してしまいやすいのも思春期の学生には多く、家庭教師には学生のペースで焦らせずに指導できる力が求められています。専門的で重要な点だけに的を絞り、タイムマネジメントされる大学生向けの選び方ではない指導力で選ぶのも、勉強嫌いにさせない利点です。

早い段階での切り返し

週1回から教育指導を受けることができるのが家庭教師による学びで、中学生にとっては高校・大学進学まで視野に入れた対策として求めることができます。優秀な指導者に勉強を見てもらうにも、学生の学力は無視できるものではなく、家庭教師に一任するだけで成績アップは図れるものではないのも知っておきたい情報です。また相性も重要で、思春期真っ只中となる中学生にとって、指導者との相性は勉強の進み方にも直結します。難関校の受験などを目的とする場合、中間テストなどの成績で判断できる3ヶ月を境に、学力に変化がない場合には早い段階で指導者をチェンジすることも大切です。特に中学生は、学業・部活の両方がライフスタイルの軸になっているため、モチベーションを保つにも切り替えやすいタイミングです。また、受験生の場合には受験日は先送りにはできないため、指導者の学歴も見極め、早めの対策を講じることは必要です。