安くサービスを受ける|受験に合格して希望の医学部へ入学|評判の良い予備校を選ぶコツ

受験に合格して希望の医学部へ入学|評判の良い予備校を選ぶコツ

男性

安くサービスを受ける

先生と学生

教材を用意する

家庭教師を雇って勉強を教えてもらうほとんどの場合で教材が必要になります。業者に依頼をした場合指定の教材の購入を勧められたりすることもありますが、自分で用意した方がお得です。教師側が指定する場合、値段が高額になってしまうことがあります。そのため少しでも安く指導を始めてもらうには、あらかじめ自分で教材を用意してそれを使用してもらうと良いです。教材は科目にもよりますが、参考書よりも問題集を用意すると良いでしょう。参考書には解説がメインの構成となっているので、それらは教師に説明してもらえば問題ありません。もし家庭教師が参考書を使って指導することを希望した場合には、学校で使用している教科書を使用してもらいましょう。

個人契約の方が安く雇える

家庭教師を探す時に多くの人が大手の仲介業者への依頼を思い浮かべます。しかしこちらを利用する場合には家庭教師に払う指導料のほかに、業者側へ支払うお金も多くかかりがちです。もちろんその分サービスが充実しているので、初めて家庭教師を雇う人など不安がある人向けとなっています。反対にできるだけ安く家庭教師を雇いたい場合には、自分で教師を探して契約する個人契約がオススメです。個人契約では企業が関わらないので教師に支払う料金のみで雇うことができます。ただしトラブルが発生した時にも自分たちで解決しなければならず、注意が必要です。この不安を解消する為にも、契約の前に面談を行い、契約内容を明確に書類として残しておくと良いでしょう。